レコ大そろそろやめたら? 乃木坂46連覇に疑問集中 | Webライター真由のアフターパーティー

 

レコ大そろそろやめたら? 乃木坂46連覇に疑問集中

  • 2018年12月31日 11:56 PM

「第60回 輝く!日本レコード大賞」…フタを開けてみれば、乃木坂46が「シンクロニシティ」で連覇だったわね。

これにはさすがに「どうみても今年はDA PUMP」って声が、レコ大の公式アカウントに集中砲火のように浴びせられたけど、当たり前よね。漫画家の小林よしのりさんもブログでレコード大賞、空前のペテンだ!と糾弾していたけど、本当、レコ大はもうやる意味がないんじゃないかしら。乃木坂46が嫌いで言ってるわけじゃないのよ。これじゃ乃木坂46だって変に反感買って可哀相。

2008年のEXILEあたりから、レコ大はレコード会社の持ち回りみたいなことが報じられ始めて、今じゃ誰も注目しない賞に成り下がってしまった感じよね。番組の構成も、歴代の名場面みたいなのを集めてみたり、何だか大賞モノの中継じゃない雰囲気になってきてるし、もうそろそろやめちゃっても誰も文句言わないんじゃないかしら。

正直、ここのところ数年間はレコ大がある度に、やれやれ今年も終わりねー…って感じしかないのよね。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

この記事にコメントする

ここまでの情報を記憶しますか?