有村架純ダイジョブ?いろんな意味で心配の中学聖日記 | Webライター真由のアフターパーティー

 

有村架純ダイジョブ?いろんな意味で心配の中学聖日記

  • 2018年10月31日 5:03 PM

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」ヒロインで全国的に有名になった女優の有村架純さん、今、主演している連ドラ「中学聖日記」(TBS系)が不評よね。10月30日に放送された第4話、平均視聴率5.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)ということで、これは前回から0.8ポイント減。2週連続の低下で、このままだと5%を切りそうよね。この秋のクールの各局のゴールデン・プライムタイム帯で放送されている民放の連ドラ中、全話平均視聴率ワーストとなる可能性もあるし、最悪、途中打ち切りなんてことにならないでしょうね。

このコンプライアンスの時代に、中学校の女性教師が教え子の中三男子と禁断の恋に落ちるという設定からして、まずかったんじゃないかしら。昔ならまだセンセーショナルな設定も人目を引いたかもしれないけど、今は逆効果よね。ドラマを作る側の見識も疑われかねないというところじゃないかしら?
それにプラスして教師役の有村さんと教え子役の岡田健史さんの演技が・・・はっきり言って物足りないわよね。岡田さんは新人だからしょうがないにしても有村さんもうちょっと、どうにかならないかしら。

第4話のラストでは、ついにキスをしてしまった上に、有村さんは婚約者に、教え子くんはお母さんに、同時に関係がバレてしまうという修羅場だったけど、話はうまくおさまりつくのかしら。来週以降がいろんな意味で本気で心配になってきたわよ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

この記事にコメントする

ここまでの情報を記憶しますか?