4月, 2020 | Webライター真由のアフターパーティー

 

HKT元メンバーのキャバ嬢大麻騒動は不起訴に

  • 2020年4月30日 11:51 PM

今月16日に大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警に逮捕、28日に処分保留で釈放されていた元HKT48アイドルの谷口愛理さん(21)が30日、福岡地検により不起訴処分となりました。不起訴の理由は嫌疑不十分とみられるとのこと、マスコミ各社が報じているわね。

谷口さんは3月26日に福岡市内の実家マンションの自室で乾燥大麻0.025グラムを所持していた疑いで今月16日に逮捕されたのだけど、量も微量の割には大きく報道されたのよね。一年足らずという短い期間とはいえHKT48結成期の2011年から2012年にかけて在籍していたことがあったため、大きく報じられたわけ。当時は飲酒や男性関係などの素行不良が原因と噂されています。どこまで本当かはわからないけどね。谷口さんは大麻は半年前に交際していた男が置いていったショルダーバッグの中に入っていたもので、大麻かもしれないと思っていた、などと話していたそうなんだけど、だとすれば男にはめられた? そのへんはどうなのかしら。

ただ、ひとくちに不起訴処分といっても種類があるのよね。まず『嫌疑なし』は、犯罪行為そのものがなかったことがわかり疑いが晴れたことを意味します。無実だったということね。今回谷口さんの『嫌疑不十分』の場合は、犯罪の疑いはあるけど公判維持できるレベルの証拠が不十分という場合を意味します。それともう一つ『起訴猶予』は、公判維持は可能でも、たとえば被害者と示談が成立し本人も反省しているなど、検察官の裁量により起訴を見送る場合ですね。谷口さんの場合は、量も微量であることからいずれにしても不起訴処分になるのでは、とは予想されていたんだけど、取り調べ時の態度などもよく、捜査にも協力的だったんじゃないかしら。意外と調べの時の担当刑事の裁量でその後の行方が左右されたりもするし・・・。

ふだんの谷口さんはキャバ嬢やってて、地元の福岡ではちょっとは名の知られた人気者だったみたい。今回の件を逆利用してコロナが明けてキャバも復活してきたら、お客さん獲得につながるかもしれないわよね。てか、そのぐらい図太くないと今は生きてけないわよね。