日記 | Webライター真由のアフターパーティー

 

治らない? 木下ユッキーナのヤンキー気質

  • 2019年10月31日 11:49 PM

先月芸能ニュースを大騒ぎさせたのが木下優樹菜ちゃん。実姉が働いていたタピオカ店でオーナーともめて、それに関係ないユッキーナが実姉に加勢する形でおかしなことになっちゃったのよね。

実姉はオーナーとは懇意な仲だったらしくて、雇われ人というよりは共同経営者みたいな感覚でいたんだってね。それが実際にはそうではなくて、最初は実姉が被害者みたくなっちゃって、タピオカ店には全国から抗議の声が殺到したのよね。だけど、木下優樹菜がヤンキーまがいの恫喝メッセージをオーナーに送ったことが発覚。オーナーが耐えられなくなってネット上に真相はこうだと告発。口汚くオーナーを罵るは脅すわが明らかになって世論も一転、オーナー側についた。それで木下優樹菜も謝罪コメントを出したんだけど、まだこの騒動、尾を引きそうよね。

ユッキーナ側は謝罪に行ったらしいんだけどオーナーとはいまだ会えず。思わぬトラブルに所属事務所も腹を立てていると聞くし、あーあ、やらかしちゃったのねーって感じ。どう収束するのかしら?

 

不完全燃焼「なつぞら」終わり「スカーレット」に期待

  • 2019年9月30日 11:38 PM

広瀬すずさんがアニメーター役で主演したNHK連続テレビ小説「なつぞら」が先週終わって、初回から最終回まで全156話の期間平均視聴率が21.0%だったことがわかったわね。前作「まんぷく」の期間平均21.4%には及ばなかったけれど、20%の大台超えを果たして関係者もホッとしているでしょうね。

100作目の朝ドラということで注目されたけれど、大森寿美男さんのオリジナル脚本はあまりうまいとは言えなかったわね。朝ドラのペース配分に慣れていないところもあるんでしょうけど、実在の人物をモデルにしたのならその人だけのエピソードに絞って東京編だけで良かったのに、北海道の設定のほうが視聴者に受けちゃったりして、話の軸が十勝と東京を行ったり来たりになっちゃった。なんでどっちかに寄せなかったのかしら? すべてが中途半端になった典型例って感じよね。女性の労働問題とか、育児問題とかいろいろ突っ込んでも、全部が軽い感じで流されていったのはいただけません。どこで感動しろというのかしら。一向に年を取らない広瀬すずの不思議は、もはや都市伝説レベルだったわ。

9月30日からは戸田恵梨香さん主演の「スカーレット」が始まったから、頭を切り替えて楽しむことにします。

 

世間狭くするばかりの加護ちゃん

  • 2019年8月31日 11:34 PM

いつかまたこういう問題が出てくるんじゃないかと思っていたのよ、加護ちゃん。実の娘のようにかわいがってくれていた中野浩一さんNAOMIさん夫妻のところを離れることになりましたね。

 

加護ちゃんもほんと波乱万丈の人生だけれど、自分から波乱万丈にしちゃってる面が大きいんじゃないかしらね。2度の喫煙騒ぎでアップフロントを契約解除になって、復帰するときも、「アップにはスジを通したから安心」っていう当時の加護ちゃんサイドの触れ込みを信じて復帰記事を掲載した媒体が、事後にアップの関係者から「なんてことしてくれたの! え? スジなんて通ってないよー!」と連絡を受けてアップフロント取材拒否になってアップアップになっちゃった、なんてお粗末な話も聞いたしね。

 

その後加護ちゃんを引き受けた事務所の社長も、その後引き受けた人物も、とにかくみんな加護ちゃんと関わり合うとどっかが何かがずれてしまうのよね。

 

それに、都度、加護ちゃんにとっては助けてもらった恩人と呼べる人を、後になって悪口を言っていたりね。そんなこと繰り返していたらさ、世間狭くなるだけよ。

 

心配。

 

ばったばたの6月7月 吉本興業再スタートは?

  • 2019年7月31日 11:41 PM

ジャニーさんの件は残念だったわね。ひとつの時代の終わりを感じます。けど本当に6月から7月と芸能メディアはばったばた。吉本興業の一件が持ち上がったでしょー。話がこじれてきちゃったからねー。加藤浩次はじめいろんな芸人が口をはさんできてメディアにとってはかっこうのターゲットってゆーか、ネタ提供してるようなもんですよね。

なんといっても社長会見で収拾つかなくなっちゃったのがねー。いきあたりばったりのお粗末な対応が事態の鎮静化を遠ざけてしまった感じね。会見内容について実は吉本のコントロール通りだなんて説もあるよーだけどさすがにそれは無理があるんじゃないかしら。どう考えたって会見を開かざるを得なくなってやったはいいけど、って感じよ。

それはそれとしても、宮迫がそもそもの発端なんだからそこはしっかり忘れずにおさえておかないとね。反社がらみの直営業とは知らなかったということだけれどこのたびの大騒ぎの発端になった責任はあるしまして最初は吉本にも、お金はいただいていないって偽証していたわけだから迷惑をかけたのも事実ですね。

わやくちゃなことになっちゃって、どういう方向で決着するかまだ見えてこないけど、宮迫も反省した上で再スタート切れて、吉本興業も反省した上で再スタートが切れればいいわよね。

 

怒涛の6月終了 ジャニーさんは?

  • 2019年6月30日 11:33 PM

やっと怒涛の6月が終わりますね。何が怒涛っていろんな事件が起きるなか、芸能ニュースの特大級のトピックになったのが、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の件よ。

6月18日に救急搬送されたという情報が飛び交い、運ばれた先がジャニーさんの主治医がいる病院ではなくて別の病院だったことか死亡説が流れましたね。実際にその病院へ行ってみると各社の取材陣がカメラを構えて臨戦態勢。ジャニーズのタレントたちが次々と見舞いに(?)訪れた様子が伝えられるに至り、いよいよ危ないか、もう亡くなっているんじゃ、なんていう憶測まで。

記者会見を開くとか、いや密葬が終わってからFAXでマスコミ各社に公式発表があるとか、ジャニーズのタレントが出演している生放送の番組で発表されるとか、情報がめまぐるしく変わっていったけど決定打的な情報は出てこない。

当然大手メディアも水面下で激しく裏どり合戦を繰り広げていたのだけど、ジャニーズの幹部からのかん口令があったのかどこも書けない状況に陥って。

それでポイントは「大手メディアがどこも書けない」ってとこよね。そこから想像するに、これは単なる想像だけど、救急搬送されたときは予断を許さない状況だったのじゃないかしら。だけど、そこから持ち直して命に別条のないところまで回復してきたか、それとも予断を許さない状況が続いているのか。いずれにしても憶測では何も書けないから、そういうところなんだと想像するしかないのよね。

いざという時に備えて私のところまでジャニーさんの功績をまとめた記事を作っておいてくれとボスからの指示があったぐらいだからね。記事? 作ったわよ。だけど、できたら出さないで済むほうがいいわよね。

ジャニーさんにはまだまだがんばってほしいもの。

 

原田龍二、不倫謝罪会見!ネットは意外に好反応?

  • 2019年5月31日 11:13 PM

TOKYO MX「5時に夢中!」の金曜MCを担当している俳優の原田龍二さん、どうしちゃったのかしらね。複数の女性ファンとの不倫疑惑が30日発売の「週刊文春」に報じられて、31日の夕方に謝罪会見。残念なニュースでした。

だ・け・ど! 結構ネットを見ていると原田さんにとってありがたい反響が目につくのよね。
「潔くてかっこいい」「逆に好感持てた。チクった女も出てこいや」みたいな感じ・・・。それもどうかと思うんだけど、なぜかわからないけど腹が立つより先にコント見てるみたいで笑えちゃうっていうか、原田さんの人柄なんでしょうね。

同じことをやっても人によって反響が異なるのは理不尽な感じもするけれど、こういう残念な会見の時は会見を開く芸能人側にとってもある意味、窮地をチャンスに変える機会でもあるわよね。

全般、やっぱりへたにごまかすことなく潔く謝ることが肝心ですよね。不倫という行為自体は絶対に笑って済ませられるものではないし、奥様が相当に出来ている方という気がしますけど、原田さんにはやさしめな世間の反応に甘えることなく、本気で真摯に反省してこれからの行動をあらためて欲しいですね。

しかし~・・・いい男よね。

 

指原莉乃、卒業コンサートで運営にチクリ 熱い思いとは…

  • 2019年4月30日 6:59 PM

HKT48の指原莉乃さんが横浜スタジアムでの卒業コンサートをもって、アイドルから卒業しましたね。約11年間のアイドル活動だったとひとくちに言うけれど、文字通りひと時代を築いたわよね。アイドルとしては長寿クラスに入ります。

 

その卒業コンサート、当日の横浜スタジアムは寒くて風邪ひきそうだったけど、ダウンタウンの松本人志さんが内田裕也さんのコスプレで登場するなど超サプライズ演出もあって盛り上がっていたわ。芸能界での確かな人脈が感じられて、指原さんなら卒業してもいい線いけるんじゃないかしらって思わせるに十分でした。

 

私たち報道は15時から受付があって、夕方から公演が始まって、公演終了後の指原さんの囲み取材は22時を回ってからだったのよ。「囲みだけの取材はNG、コンサートも観覧してください」っていうのが取材の条件だったから、本当、長丁場の一日となったわ。だけど、そうまでしても指原さんの取材には行きたいというメディアがほとんどだった。なぜって、もちろん長く48グループを牽引してきた指原さんの卒業ってこともあるけれど、タイミング的に、ほら、新潟のNGT48の一件があったでしょう。メンバーの山口真帆さんがファンの男性に暴行被害を受けていたって件。その後の運営の対応のまずさから48グループ全体にバッシングが広がりかねない状況になっているっていうあれよ。

 

指原さんなら、何かしゃべってくれるんじゃないかって期待があったんだけど、なかなかしゃべりにくいなかで、そこはやっぱり指原さんよね、厳しい言葉がたくさん出てきたわ。

 

卒業コンサートは涙と笑顔と感動のステージで締めくくったけれど、指原さんは自分が所属していたHKT48のスタッフに向けて話すようでいて、NGT48騒動を明らかに意識した、48グループの運営全体に向けての言葉ととれるような発言をしていましたね。

「メンバーのみんなのお話を聞いてください。間違ったことを言ってしまう場合には目を見て何がいけないのか、分かるまで教えてあげてください」とかね。

 

終演後の囲み取材でも、運営会社の上層部に直談判していたことを明かして、「会社の人たちに『どうしたらいいのか』『こうできないのか』と声を上げたんですけど、私1人の力で動くものではないんだな、と。社会の厳しさを感じました」「もっと自分が何かできなかったのかと思う」と、悔しさのにじむコメントをしてくれました。卒業コンサートには似つかわしくない話題ではあるけれど、指原さん自らがどうしてもしゃべりたかったし、触れたかったようね。

 

時代は平成から令和に変わるけれど、指原さんの思いをくんで48グループの運営にも生まれ変わって欲しいものですね。

 

平成の終わりに大物続々鬼籍に入って・・・

  • 2019年3月31日 11:09 PM

平成もあと1か月ほどで終わりだけど、ここにきて芸能スポーツ界いろいろな方が亡くなっているわよね。ショーケンこと 萩原健一さん、ロケンローラーの内田裕也さんは芸能界の大御所とあって衝撃も大きかったわ。声優の白石冬美さんもファンの皆さんの悲しみの声がネットにたくさん出ていました。北尾光司さんは2月に亡くなっていたことが3月に入ってから報道されましたね。

 

芸能人もスポーツマンも当たり前だけどみんな人間だから、いつかは亡くなるわけよね。でもそうとはわかっていてもファンは辛いわよね。ただ、作品や試合の記録は残るし、人々の記憶や思い出から消えない限りはその人は生き続けるのよね。

 

新井浩文被告が抱えたもの

  • 2019年2月28日 11:25 PM

派遣マッサージ店の30代女性セラピストに対す強制性交罪で逮捕、起訴された俳優の新井浩文(本名=朴慶培/パク・キョンベ)被告が27日、保釈されましたね。保釈保証金は500万円だとか。

2月はこの事件で最初から最後まで芸能ニュースは悪い意味で賑やかだったわよね。新井被告って三白眼っぽいワルそうな表情が得意だったけれど、私は結構好きな役者さんだったのでショックだったわ。だって、犯行の内容が内容だけにね。

それより、この件で解雇された元所属事務所だけど、事件が発覚してからマスコミの取材攻勢に自分たちも報道で知って驚いているところだみたいな答え方をしていたのだけど、本当かしら。新井被告、ずっと事務所には内緒にしてたのかしらー。

考えにくくはあるんだけど、一方で、事件があった去年7月、被害届が出された去年8月から数えても今年2月1日の逮捕までの約半年間、示談がつかなかったってことは本当に黙っていたのかもね。事務所が知っていたら、もうちょっとましな対応出来たかもしれないと思うとね。

それにしても新井被告が抱えたものは大きいですよね。違約金もどのぐらい新井被告の負担とすべきなのか、各所で話し合いがあるでしょうし、現実的に俳優としての未来がなくなった新井被告に返済が可能なのかどうか。お詫び行脚だけでも数か月かかっちゃうんじゃないかしらね。

その間に公判も始まるでしょうし。被害者と今後も示談つかなかったら実刑判決が出るでしょうし。一時の快楽のためにとんでもないことになっちゃったわよね。かえすがえすも残念です。

 

嵐の突然の会見にマスコミは

  • 2019年1月31日 11:42 PM

予想されていたこととはいえ、実際にそれが訪れてみるとやっぱりびっくりよね。嵐の活動休止。日曜日で、突然の記者会見だったにもかかわらず、ジャニーズ事務所には多数の取材陣が押しかけていましたね。元ソニーミュージックのビルにジャニーズが移転してから、会見は初めてじゃないかしら。

無責任じゃないかなんて質問があちこちで取り上げられて炎上状態になったけれど、会見全般、やっぱりどこも思い切ったことを聞けないのは今の芸能界よね。SMAPは別にしたって、同世代のタッキーや渋谷の件を質問しないのは不自然といえば不自然かもね。だけど、そういった、かつて芸能リポーターの皆さんが突っ込んでいったような質問のニーズ自体が、最近はなくなってきたってことかもよ。

スキャンダラスなことを知りたいと思う人っていることはいるでしょうけど、そういうのを昔ほど芸能人の会見に求めなくなってきたというか。芸能マスコミが事務所に忖度するのは当たり前みたいな感じになってきて久しいけれど、視聴者もなれてしまったんじゃないかしら。今回の会見ではそもそもがジャニーズとつきあいのあるマスコミだけ質問が許可されたような状態でもあったし、それでもまあ、いちはやく会見が設定されただけでも良かったというか、それでチャンチャンっていう感じなのかなって。

諦めと慣れとニーズの低下と。そんなこと感じちゃった嵐の会見でした。

次ページへ »