Webライター真由のアフターパーティー

 

西城秀樹さん葬儀配布品がネット出品

  • 2018年5月28日 12:14 PM

西城秀樹さんの訃報には驚いたけれど、25日・26日に営まれた通夜と葬儀・告別式の会葬者への配布品がネットオークションに複数出品されているのにも別の意味で驚きよね。

いったい誰がどこから入手して横流しのようにオークションに出しているのかしら? 25日の通夜の際は、一般の参列者用にも祭壇が設営されて、ライブ写真が入ったポストカードが配布されたのだけれど、27日にはこの配布品などが「お別れの会 祈念品一式」などとオークションに出されて、数万円の高値がついているのよね。

最初から転売目的のために参列したとしか思えない、という声もネットでは多く上がっているけれど、当然よね。「転売が目的で焼香に行ったのか」、「冒涜だ」・・厳しい意見が出るのもわかるし、本当、感心できることではないですよね。

以前からこういうことはあったけれど、あまりこういうことが続くと芸能人側も考えなくてはいけなくなるんじゃないかしら。

 

TOKIO山口達也・・本当はどうだったの

  • 2018年4月30日 11:55 AM

4月は終盤になって寝れないぐらい忙しくなりました。もちろんTOKIOの山口達也さんの事件よ。

もうやってしまったことはしょうがないわけだけど、一つ気がかりなのは、送検された捜査書類に厳しい意見書が付けられたという報道があること。

これ本当だとすれば、うがった見方になるけどキスだけだったのかしら?

もちろんキスだけでも強制わいせつの事案にはなるけど、意見書が添えられたりってことになると、なんだか結構もつれている感じがするのよね。

それは別としても、会見内容は酒癖のせいにしているような印象を受けて違和感があったわ。

最初から酒の話と女子高生の話を一緒にしちゃって話してたでしょう。

TOKIOの活動にいろんな支障をきたしてしまうのは避けられないわよね。

本人も落ち込んでいるかもしれないけど、巻き込まれたメンバー達が可哀想。

そして何より、被害者の女子高生が心配です。

男性不信とか、性的なトラウマにならなければいいのだけど。

 

ミムラが改名! かつて芸名を売ったアノ人の場合…

  • 2018年3月27日 7:52 PM

芸能人が芸名を変えることはたまにあるけど、この度は女優のミムラさんが、「美村(みむら)里江」に改名することを発表しましたね。ミムラという名前は、大好きな「ムーミン」の隠れた人気キャラのミムラ姉さんにちなんでつけたらしいわね。ということは、もともとは日本語ではなかったってことかしらね。なんでも、種族名らしいですよ。

改名することは以前から考えていたそうだけど、仕事のタイミングなどからいまが最適なタイミングだと決断したそう。カタカタでミムラというのもどこかミステリアスな感じがして良かったと思うけど、デビューして15年が経って、心機一転という形になりましたね。大河「西郷どん」に出演中で、日本の歴史を描くドラマにカタカナ名で出ることに違和感もあったみたい。4月1日放送の「西郷どん」特番から、クレジットも美村里江に変わるそうなので注目ね。

改名して大きな成功を収めた芸能人は、意外といますね。浜崎あゆみも最初は浜崎くるみだったし、華原朋美なんかは、三浦彩香→遠峯ありさ→華原朋美と改名するごとにステータスを上げていった例。面白いところでは樹木希林さん。以前は悠木千帆という名前で活躍していたけど、1977年に現在のテレビ朝日が「日本教育テレビ」(NETテレビ)から局名と会社名称を変更することを記念して放送された特番内のオークション企画で、「売る物がない」ということで芸名「悠木千帆」を競売にかけたのよね。それで、2万200円で知人の世田谷の飲食店店主に売却されて、自分は「樹木希林」に改名したというわけ。ちなみに売却された旧名は、その飲食店店主から無償で2004年に女優の山田和葉さんに譲渡され、山田さんが悠木千帆 (2代目)となりました。現在43歳、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」などにも出演して頑張っていらっしゃるようです。

 

桜田淳子さん本格復帰報道に思う

  • 2018年2月28日 8:08 AM

一時は統一教会で大きな取り上げられ方をしたこともある桜田淳子さんだけど、本格復帰の動きが出ているとかって週刊誌に報じられているわね。実際に2月、35年ぶりのオリジナルアルバムを発売して、3月にはベストアルバムも出したうえ、一夜限りのイベントも開くらしいですよ。太陽の黒点運動が活発になったみたいね。

報道によると、実家の事情も絡んでいるんだって。桜田さんは秋田市の出身だけど、兄、姉に続く次女で、父はすでにおらず、実家には90歳前後になる母と兄が住んでいるそう。そのお母さんが、認知症のようで、ショートステイを利用しているとか、ホームに入っているとか、近所の噂なんだって。

それで、桜田さん自身も子育ても落ち着いたそうで、芸能の仕事で稼いで行く方向なんじゃないかしらね。

そうなってくると、あまり宗教色の濃いイメージはマイナスにしかならないわよね。何か芸能のほうでそんなイメージを払拭するほどパーッとした出来事でもあるといいのだけど。

 

テレビ局に改善して欲しいこと

  • 2018年1月29日 9:30 AM

新ドラマの季節ですね。各局、宣伝にも力が入るこの時期ですが、仲間内の新年会で業界では名の知れたライターさんの愚痴を聞くことになってしまいました。Aさんとしておきましょうか。

昨年秋のクールで某テレビ局の宣伝から電話が入り「いやーAさんが●●に書かれた『陸王』の記事、他局の番組ながらさすが素晴らしいです! 実は私、『●●』の宣伝を担当しているんですが書いていただけますかね」という話になり、「もちろん『陸王』のように高評価だと嬉しいんですが、そこはね、Aさんの思った通りを書いていただいていいので」とのことで、ドラマの入ったDVDを送ってくれたそうなんです。

それでAさんは書いたわけですけど、『陸王』のような高評価にはならなかったけれどもそれなりにそのドラマの美点についてもちゃんと書いてけっして悪い評価はしなかった。なのに、その記事が出てからピタッと連絡がやんだそうです。気に入らなかったんでしょうね。

それなら金でも払って広告記事にすればいいのにね。思った通りを書いていただいていいとまで言っておきながら、それはないよねって話をしたのよ。けちょんけちょんにけなしたんならともかくね、私がその記事を読んでもけっして悪い評価ではないどころか今後の展開に期待できるところに論調を落ち着けている。

テレビ局で何様なの?ってことですよ。だからつまらなくなっちゃうんじゃないかしら。

 

NHK大河「西郷どん」低空発進も今後は上昇?

  • 2018年1月15日 7:50 AM

NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まったわね。ところがのっけから、初回視聴率15.4%。歴代ワースト2位という低い数字だったことがメディアで大きく報じられてしまいました。

鈴木亮平主演で、原作は林真理子、脚本は中園ミホということで鳴り物入りで始まったのだけれど・・・。共演陣にしても大河だなーと思わせてくれる豪華さ。渡辺謙、鹿賀丈史、黒木華、松坂慶子、南野陽子、北川景子、黒木華、二階堂ふみ・・・ナレーションに西田敏行という贅沢なキャスティングで視聴率はもっといっていいと思うんだけど。それも、前回の直虎のように、あまり一般的に知られていない人物ではなく、日本人なら誰もが知っているといっていいほど有名な西郷さんのドラマですからね。

一説によると、薩摩弁が本格的すぎてわかりにくかったということも理由にあげられているみたい。本格的過ぎるのもマイナスになることがあるのね。

 

だけど、まだ2回めが終わったばかり。2回めでは子役から鈴木亮平がいよいよメインで登場してきたので、これから視聴率もじりじり上がってくるんじゃないかしら? なにせ1年におよぶ大河ですからね。長丁場の勝負。見守りたいと思います。

 

海老蔵に新恋人?まさかの報道に・・・

  • 2017年11月1日 12:53 PM

市川海老蔵さんが、新恋人がいるって週刊誌に報じられた件で、ブログで反論しましたね。寝耳に水だったらしく、とにかく全面否定、「そんな気持ちになれないよ、酷い」と心境を吐露。そりゃーそうよね。最愛の麻央さんを亡くしてまだたった4ケ月しかたってないのよ。ファンからも海老蔵さんを支持し励ますコメントが寄せられているけれど、まったく週刊誌も酷いものよね。同業者のくせに、って言われちゃいそうだけどね。

週刊誌も生き残りに必死だから、こういうことになるのはわかっていても多少のことならやっちゃうのよね。見切り発車で記事出しちゃうとかね。それを、いつも週刊誌の後追い記事で尻馬に乗っかっているスポーツ紙が批判したり、なんだかねーって感じよね。

 

わろてんか、まずまずの発進

  • 2017年10月9日 9:25 AM

ひよロスの影響が心配されたNHKの新朝ドラ「わろてんか」だけど、初回から20%超えでまずまずのスタートを切りましたね。「ひよっこ」の、ひよロスの影響よりも、高視聴率の影響をうまく引き継いだ形よね。

これからドラマはヒロインの子役時代から葵わかなさん演じる、本番と言っていいのかな、に入ったわけだけど。第1週で幼少期を演じたのが人気の高い新井美羽さんだったのも、プラス要因でしたね。それと、てんの夫の北村藤吉を演じる松坂桃李さんはじめ、千葉雄大さん、高橋一生さん、大野拓朗などなど、イケメンも揃えているところがポイントをおさえているわね。

とりあえず毎朝チェックは続けましょう。

 

 

 

ひよロスでわろてんかダイジョブ?

  • 2017年9月30日 7:31 AM

NHKの朝ドラ「ひよっこ」、有村架純さんはじめキャスト陣のお芝居とヒットメイカー岡田さんの脚本が地味だけど心温まる世界観を醸し出して20%超えの高視聴率でゴールインしたわね。

そんなタイミングで10月2日から新しく始まるのが、吉本興業創業者の吉本せいさんをモデルにした「わろてんか」。ヒロインをつとめるのが葵わかなさん。この葵わかなさんって名前聞いて、どんな人か思う浮かぶ人って少ないんじゃないかしら。

19歳なんだけど笑顔が落ち着いているって言われる・・・・イマイチ目立ったところがない気がするのよね。有村架純さんの田舎娘を演じても華がある魅力に比べて葵わかなさんはほんとーに地味でダイジョブ?

まー先入観を持たずにとりあえず観てみることにします。

 

ベッキー舞台の反応で今後の活動が

  • 2017年8月30日 9:27 AM

今月半ば、ベッキーさんが舞台出演をインスタで発表したわね。お皿にのったスイカの写真にどんな意味があるのかわからないけど、11月に東京グローブ座で上演だって。
タイトルは『三途会〜私の人生は罪ですか?〜』、今田耕司さんとの共演で作・演出は鈴木おさむさんだって。三途の川の手前で、死ぬ一歩手前の人達の意識が集まっていて、さまざまな罪を抱えた人達が会議を開くんですって。誰が死ぬのか、生きるのか。面白そうというか斬新なというか。ベッキーさんも「心をこめてがんばります」って。

結構、今時点で、世間はあまり関心がないとかキツイことを書くメディアが目立つのは、やっぱり不倫騒動の代償ってことなんでしょうけど、これからこの舞台にちなんだ取材をベッキーさんが受けて、それが各メディアに報じられるタイミングが9月、10月なのよね。その時にどれだけ世間から良い意味での注目を集められるかで今後のベッキーさんの活動が左右されるんじゃないかしら。

次ページへ »